賃金の前借りテクニックとは

生活費を管理していても、突然の出費で生活費が苦しくなることがよくあると思います。
生活費が足りなくてきつい場合には、とりあえず短期でもいいので働いて、お金を工面する事が必要です。しばらく働いて信頼が出来れば、賃金の前借りといったことが可能になるかもしれません。職場で賃金の前借りを求めるのは、心苦しい面はあります。しかし生活費がきつい場合には、そのようなことも言ってられないと思います。
雇用者にとって、前借りを申し込まれて許可するかどうかは、裁量に任せられています。そのため、必ずしも前借りを許可されるかは分かりません。しかし、仕事を通じて職場の中で信頼関係を築いていれば、今後の働きを見込まれて、賃金の前借りを許してくれる可能性はあります。
また労働形態にもよるものの、災害や事故などのやむをえない理由により、生活費がきつくなりお金が必要になった場合には、雇用者は前借りに応じる義務があります。このようなもしもの場合の事を知っていれば、もし生活に困ってしまった時に苦しまなくて済みます。消費者金融などでお金を借りる事も方法もありますが、その場合には後の返済の負担が大きく、さらに生活の状況が苦しくなるといった悪循環に陥る可能性があります。雇用者としても、雇っている者が仕事に専念する事ができればと考えて、理由によっては前借りを許可してもいいということがあるかもしれません。ひとまず消費者金融に借りに行く前に、会社に相談してみる事も必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です